【実体験】瞑想って意味あるの?累計5時間やって現れた変化!

自己啓発

こんにちは、Linkerです。

今回の記事は「瞑想」についてです。

皆さんは瞑想と聞くとどのようなイメージを浮かべますか?

宗教的だなーとか、インドっぽいなー、とかでしょうか。

実は瞑想をすることで、いろいろなメリットがあることが、研究結果からわかっています。

今回の記事では、まずは研究結果からわかる瞑想がもたらすメリットをご紹介します。

そして次に、私が実際に約5時間瞑想にあてて自身に起こった変化などについて触れていこうと思います。

瞑想に興味や疑問を抱えている方は、是非参考にしてみてください。

瞑想のメリット

それでは瞑想によって得られるメリットをご紹介します。

瞑想の効能は脳科学や心理学の分野でしっかりと認められています。

  1. リラクゼーション反応
  2. 集中力アップ
  3. 緊張や不安に強くなる
  4. 感情のコントロールが強くなる
  5. 体脂肪が落ちる
  6. 睡眠の質が向上する

ざっくりあげると以上のようなメリットがあります。

ある研究では、瞑想時間が累計3時間に達すると、注意力と自制心が向上するという結果が出ています。

さらに累計11時間に達した場合、集中力を作っている神経ネットワークの連絡が増加するとのことです。

瞑想のやり方

次は私が実践している瞑想のやり方をご紹介します。

ステップ1:体を動かさず、じっと座る

背筋を伸ばした状態で、椅子もしくは床に座ります。

目は閉じて、両手は膝の上に置きましょう。

ステップ2:ゆっくりと呼吸する

鼻からゆっくりと息を吸い込み、口からゆっくりと吐き出します。

私は5秒かけて吸って、5秒かけて吐くといったペースでやっています。

背筋を伸ばして座った状態で、ゆっくり呼吸するのを朝夜3〜5分やるだけです。

ステップ3:雑念が浮かんできたら、呼吸に意識を置く

瞑想していると、必ず雑念が浮かんできます。

そんな時は呼吸に意識を置きましょう。

「俺今雑念浮かんできてるわ、やっぱ俺ダメだな」

とか思わないでください。笑

瞑想習慣のあるどんな偉人でも、雑念は浮かんでくるそうですよ。

雑念が浮かんできたら、呼吸に意識をもどす。

これを意識しましょう。

私に現れた変化

さて、ここからは実際に瞑想を習慣化した私の体験談です。

私は現在、累計約5時間を瞑想にあてました。

私からすると、「俺変わったか?」というのが正直な感想です。

いや、変わっているのかもしれませんが、私自身その変化に気づけていないだけかもしれません。

人間、自分の変化には疎いですからね。

しかし、考えてみれば確かに変わった気がしなくもありません。

私は現在、就職活動真っ只中で、面接する機会が多くあります。

志望度が高い企業と比例して、緊張の度合いも増します。

そういった中で「自分緊張や不安に強くなったなー」と感じました。

面接前に、なぜか「絶対いける」という気がしたんですね。

これはおそらく、「面接に落ちるのではないか」「志望動機言えるかな」等の雑念を、瞑想習慣のおかげで頭の中から排除できているからかもしれません。

瞑想のおかげで、ポジティブになれているのかもしれませんね。笑

メンタリストDaiGoさんがおっしゃるには、自分に現れた変化を意識しながらやると、瞑想によって得られる恩恵が高まるようです。

「やってもどうせ意味ねーよ!」

と言う人もいます。

意味がないかどうかは、やってから言いましょう。

皆さんもとりあえず累計3時間を目標にして、瞑想を習慣に取り入れてみましょう。

それではまた次の記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました