集中力を上げたいなら◯◯をしろ!やる気の出ない自分を変えるには

自己啓発

こんにちは、Linkerです。

皆さんは集中力がある方ですか?それとも無い方ですか?

私はどちらかと言うと集中力がない方です。

ひとたびやる気が出ればそこからは持続した集中力を発揮するのですが、その「ひとたび」がなかなか出ません。

そんなやる気のない自分を責めてしまうこともあります。

さて、今回はそんなやる気のない私のような人たちに向けた記事です。

早速やっていきましょう。

あなたは◯◯してますか?

◯◯の答えは、運動です。

集中力のないあなたは日常的に運動していますか?

実は運動って集中力にかなり影響するらしいですよ。

ジョージア大学で行われた運動と脳の研究により、20分の軽い運動をした後の3~4時間は認知能力、集中力や考察力が高まることが発見されました。

運動によって脳の血流が改善され、意欲、学習などに関わるドーパミンが放出されるからです。

運動といっても毎日腹筋100回!100本ダッシュ!など、そんな大層なものでなくて大丈夫です。

ストレッチや体操などの軽い運動、歩きながらや立ちながらの作業によっても集中力が高まるのです。

1日たった20分の運動が、あなたの集中力に劇的な改善を生むことでしょう。

◯◯を習慣化するには?

「でも運動するにもやる気が起きないよ、、、」

運動を習慣化するにはどうすれば良いか。

習慣化する方法は大きく分けて3つあると思います。

ジムに行く

まず1つ目、ジムに行きましょう。

ジムの利用って無料じゃないですよね、もちろんお金がかかります。

それも結構高い、、。

つまり何が言いたいかと言うと、「高いお金を払うことで自分の逃げ道をなくせ!」

ということです。

人間損はしたくないものです。

損をしていると感じると、どうにかそれを阻止しようとします。

その心理を利用して、ジムに行かなければならない環境を自分で作り出しましょう!

月一万くらい払って、集中力という武器を手に入れられるのであれば、安いものです。

そしてジムといえど、ムキムキマッチョマンばかりいるわけではありません。

ダイエット利用目的の方々も大勢います。

なので皆さんが思っているよりハードルは高くないと思いますよ。

記録する

2つ目、記録をしましょう。

アナログでもデジタルでもなんでも良いので、記録しましょう。

朝20分ランニングしたらカレンダーに◯をつけるのでも良いです。

これを続けて行くと、カレンダーに◯がついてない日を見て何か不快感というか嫌な感じになると思います。

この心理を利用することで、運動を習慣化しましょう!

友達や恋人を巻き込む

1人で何かするというのは、少し孤独で寂しいものです。

1人だから続けられない、という人も多いかと思います。

そんな時は、周りの人も巻き込んでしまいましょう!

やる気というのは周りに伝染するもので、人は他人の熱量に弱いのです。

何か本気で頑張っている人を見て、

「あの人はすごいな、自分も頑張らなきゃ!」

そう感じたことのある人も多いと思います。

自分の熱量で他者を巻き込んでいきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

集中力を持って取り組むのとそうでないのとでは、「質」が大きく違います。

いわば集中力を使いこなせる人は、成功する確率が格段に上がります。

前述した通り私も集中力散漫で、どうすれば集中力を鍛えられるか悩んでいました。

この記事は自分の戒めのためにも書いております。

是非皆さんも私と一緒に運動を習慣に取り入れることで、集中力という武器を手に入れましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました